リスペクト・スリーアールプロジェクト(Respect3R)

経済産業省の委託事業。
廃棄する運命だった布を譲り受けて、ファッション性の高いドレスやエコバックをスタイリストやクリエーターが創作するプロジェクトです。
日本では年間117万トンの布が消費され、106万トンが廃棄されており、消費者一人当たりで計算すると10kgの服を買って9kgを廃棄しているということです。
この中にはもちろん未使用(未加工)のまま廃棄されている布もあり、これらの布からドレスやエコバックを再生させています。

| | トラックバック (0)