« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

相続

民法で定められる相続人の範囲と法定相続分は以下の通りです。

・死亡した人の配偶者は常に相続人となります。(内縁の場合は相続人にはなりません)
・以下の人は次の順位で配偶者とともに相続人となります。
 ①子(死亡している場合にはその子ども)
 ②直系尊属(父母や祖父母):第一順位の子がいない場合のみ相続人になります
 ③兄弟姉妹(死亡している場合にはその子ども):第一順位の子も第二順位の直系尊属もいない場合に相続人になります
 
☆つまり、子供がいない場合のみ②または③の相続が発生します。

以上の相続のパターンで、それぞれの法定相続分は以下の通りです。

 ①配偶者と子供が相続人:配偶者1/2 子供1/2
  →子供が複数の場合は均等に相続します。つまり子供が3人ならば、1/2×1/3=1/6が子供1人あたりの相続分となります。
   以下、直系尊属・兄弟姉妹の場合も同様に、それぞれの相続分を均等配分します。
 ②配偶者と直系尊属が相続人:配偶者2/3 直系尊属1/3
 ③配偶者と兄弟姉妹が相続人:配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

さらに③以外(配偶者、子供、直系尊属)には遺留分の請求ができます。
遺留分の請求とは、相続が遺言などによって行われた場合に請求できる範囲です。
遺留分は、相続分の1/2です。

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »