« 栄養表示基準制度 | トップページ | 食事摂取基準 »

消費期限・賞味期限

加工食品に表示される食品の期限表示です。
消費期限は食品の期限表示のうち、劣化が速い食品(製造日からおおむね5日以内)に表示されます。
賞味期限が多少過ぎていても即安全性に問題があるわけではないのに比べて、消費期限を過ぎた場合はその食品は食べない方が安全です。
消費期限が表示される食品には弁当や調理パン、惣菜類、鮮魚などがあります。
賞味期限は、製造日から5日以上もつ、劣化の遅い食品に表示されます。
製造日から3ヶ月程度で劣化する食品については年月日、3ヶ月以上もつ食品については年月日表示でも年月だけの表示でも良いとされています。
賞味期限の場合、おいしく食べられる期間を表しているため、期限を過ぎたからといって即食べられなくなるわけではありません。
ただし、消費期限も賞味期限も保存状態が悪ければ表示されているよりも早く食品は劣化しますので、注意が必要です。

|

« 栄養表示基準制度 | トップページ | 食事摂取基準 »

「さ」カテゴリの記事

「食生活」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130240/9017650

この記事へのトラックバック一覧です: 消費期限・賞味期限:

« 栄養表示基準制度 | トップページ | 食事摂取基準 »