« 診療報酬 | トップページ | 日本司法支援センター(法テラス) »

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

新薬(先発薬)の特許期限が切れたあとに、他のメーカーが同じ成分、同じ効果で価格を安くして発売する医薬品のことで、研究・開発費用が安く済むため、新薬の2割~8割程度の価格になります。
価格が安いため、患者負担を抑える効果がある他、国民医療費全体の抑制効果も期待できます。
処方してもらうためには、かかりつけ医や調剤薬局に相談してみましょう。
ジェネリック医薬品の制度を促進するため、2006年度の診療報酬改定には、医師の書く処方箋のフォーマット変更が盛り込まれ、ジェネリック医薬品の処方に関するチェック項目が設けられます。

【参考書籍】

|

« 診療報酬 | トップページ | 日本司法支援センター(法テラス) »

「か」カテゴリの記事

「さ」カテゴリの記事

「医療」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130240/9172481

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネリック医薬品(後発医薬品):

» ジェネリック医薬品の処方を希望するには [社会保険労務士試験情報局ブログ版]
ジェネリック医薬品については、昨日書きましたが、今日はその処方を希望する方法について書きますね。 ジェネリック医薬品って最近、耳にするようになりましたが、実は以前からあったんです。 いままでは、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進のため、ジェネリック医薬品(後発医薬品)を含む処方を行った場合に処方せん料を高く評価するなどの方法で、使用促進を図ってきていたんですが、欧米諸国に比べると使用頻度は低いです。 最近のCM等でその名称を始めて聞いた方も多いと思います。 こんなこと... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 16:09

« 診療報酬 | トップページ | 日本司法支援センター(法テラス) »