« 資格商法(士商法) | トップページ | モニター商法(業務提供誘引販売取引) »

内職商法(業務提供誘引販売取引)

在宅ワークやSOHOなど、魅力的な言葉を使って仕事を紹介するように見せかけて、実は仕事に必要だとしてパソコンや資格取得講座を販売する商法です。
チラシやインターネットの求職サイトで広告を出す他、折込チラシなどにも広告を載せているケースもあります。
「本業、副業どちらにも対応できます」
「空いた時間に高収入」
「あなたの好きなだけ働けます」
などの勧誘文句が多く、電話をすると、まず説明会に来るように言われますが、扱い商品や仕事の中身については曖昧にぼかします。
ほとんどが
「仕事のために必要」
「初期投資で大きな収入を」
などと言って、仕事を始めるためのお金を要求します。
宛名書きやテープおこし、HP作成や入力オペレーターなどの職種が多いようですが、なかにはマルチ商法の勧誘をかねている場合もあります。

仕事を始めるためにお金がかかるというのは基本的に「何かある」と考えるべきですが、この商法は特定商取引法の業務提供誘引販売取引に該当するので、20日間のクーリングオフ期間があります。
おいしい話はない、と考えるべきです。

|

« 資格商法(士商法) | トップページ | モニター商法(業務提供誘引販売取引) »

「★悪質商法辞典」カテゴリの記事

「か」カテゴリの記事

「な」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130240/9103705

この記事へのトラックバック一覧です: 内職商法(業務提供誘引販売取引):

« 資格商法(士商法) | トップページ | モニター商法(業務提供誘引販売取引) »